参考実例

故人様のご希望を尊重された
K様の「直葬」

「葬儀は最もシンプルに」「遺骨は故郷の墓へ」そう書かれたご遺言書を目にされたご遺族様。
ご相談内容は、ご遺族様としては親族や故人と縁のあった方々にも参列して頂きたいという思いとで悩まれていた事。
最終的には故人様が残されたご遺言書のご意思を尊重され「直葬」でお見送りされました。
ご遺族様だけでは決めかねる事も私達のこれまでの経験からの助言をお伝えした事でご遺族様も悔いの残らない決断が出来たと後におっしゃって頂けました。

他の参考事例を見る

ご自宅でお見送りされた
H様の「家族葬」

ご自宅でご家族に看取られ亡くなられた故人様。生前故人様が「大げさな事はしなくていい」と仰っていた事。
出来ればずっと一緒に暮らしたこの家から見送ってあげたい。という喪主様の思いを伺って、最後のお別れにゆっくりと落ち着いて向き合えるご自宅で行う「家族葬」をお勧め致しました。
先祖代々からの菩提寺がおありでしたので僧侶様には通夜と告別式にご自宅へお越し頂きました。
ご遺族様からは「毎日のように自宅に来て頂き葬儀に関する事は全てお任せ出来たので家族皆が心穏やかなお別れが出来ました」とおっしゃって頂きました。

他の参考事例を見る

ご両親様を残して先立たれた
F様の「一般葬」

50代半ばの息子様を突然亡くされたF様。遠く離れた故郷で暮らす親御様にとってこれほどお辛い事は無かったと思います。
社会的なお立場や交友関係もお広かった故人様。
喪主となられた親御様からは精一杯の見送りをしてあげたい。と伺って大勢の方にご参列して頂けるよう「一般葬」をご提案させて頂きました。
F様からは当初は家族葬にして遺骨を故郷に持って帰ろうかとも思ったけれど、こうして沢山の方に参列して貰えてあの子も喜んでると思います。と仰って頂けました。

他の参考事例を見る

「貸し切りホール」で
K様手作りの「一日葬」

いつも明るく人気者でいらした故人様。「熱狂的なタイガースファンでもあった父らしい堅苦しくない葬儀で見送りたい。」
とのご遺族様のご意向を伺い、ご遺族様のお父様への想いが詰まった「家族葬」を誰にも気兼ねなく執り行えるようにホールを「貸し切り」にしてのお式をご提案させて頂きました。
無宗派でのお式では、ご遺族様が手作りされた「故人様との思い出の映像」を流したり、祭壇には故人様が大切にされていた沢山のタイガースグッズを飾り、最後のお見送りの時には「六甲おろし」を流しながらの出棺となりました。
涙の中にも終始、生前の故人様を感じられるご遺族様の愛情と笑顔に溢れたご葬儀となりました。
喪主を務められたお嬢様ご夫妻からは「悲しいはずの思い出が楽しく温かいものになりました」と仰って頂き、私達にとっても忘れがたいお式となりました。

他の参考事例を見る

F様の「散骨式」

故人(お母様)が生前、大好きな湘南の海に撒いて欲しいとの希望があり、それを叶えるべく遺骨は粉骨して、海に出て江の島沖で散骨式をさせていただきました。
江の島には生前お母様の思い出がたくさんあったので江の島沖を選びました。

他の参考事例を見る

PAGE TOP